大事なペットが肝臓病を患らない為に予防しましょう

なぜ人気があるのか

ペット供養の方法は、自宅の庭に埋める、自治体に火葬をしてもらう、ペット供養業者を利用する方法があります。しかし、自宅の庭に埋める場合には衛生上の問題がありますし、自治体では遺骨の返還はしてくれません。ペット供養業者では、人と同じように供養ができることから、多くの人から選ばれているようです。

とても気が強い犬種です

ポメラニアンは愛らしい姿の割にはとても気が強く、大型犬でもひるむことなく立ち向かっていきます。それだけにケンカもしやすく、怪我を負うこともあるため、ポメラニアンの感情をコントロールすることができるようしつけることが大事です。

肝臓を守るために

動物

発症しやすい動物や対処法

ペットの肝臓病の原因の多くは、脂質の過剰摂取にあります。具体的には、体が処理しきれないほどの量の脂質を摂取すると、たまった脂質で肝臓が肥大していき、正常に機能しなくなるのです。これが肝臓がんや肝硬変といった肝臓病を引き起こすことになるので、ペットの飼育では食事内容に十分に注意することが必要となります。特に食欲が旺盛な犬やハムスターやフェレットが肝臓病を発症しやすいため、これらのペットには脂質の少ない食べ物を与えることが大事です。食べる量が多めでも、含まれている脂質が多くなければ、肝臓に大きな負担を与えずに済むのです。また猫は、基本的には食欲はそれほど旺盛ではありませんが、冬になると多めに食べるようになります。これは、猫が皮下脂肪を増やすことで、体を冷えから守ろうとするからです。したがって冬の猫には、過剰摂取にならない程度に脂質を与えることが肝心と言えます。またペットの肝臓病には、ウイルス性のものもあります。ウイルスは動物から動物へと感染していくので、これは他の動物と接触する機会の多い犬や猫が発症しやすいと言えます。体に直接触れた場合はもちろん、同じブラシやタオルなどを使うことでも感染する可能性があるため、十分な注意が必要です。さらに犬の場合、散歩中に殺虫剤を舐めたり、落ちている菓子などを食べたりすることがあります。殺虫剤はもちろんですが、菓子にもタマネギが含まれていた場合には、犬の肝機能が低下することがあるので、飼い主はその点にも気をつけることが大事です。

イヌの健康のための食事

大切に飼っているワンちゃんへの与えるドッグフード選びでは、栄養バランスを考慮してワンちゃんが好きなものを選ぶことが大切です。通販では品質の高い商品が安い価格で販売されているため、安心して購入できます。また、通販で購入すると自宅に届けてもらえます。